株式会社エスオーエル - SOL Recruit Site
株式会社エスオーエル - SOL Recruit Site株式会社エスオーエル - SOL Recruit Site

「年齢・性別・国籍・志向。多様性は武器です。」

薛 坤柱 XUE Kunzhu
2012年6月入社 | 輸入仕入管理 兼 海外子会社管理 担当

Question01

現在の仕事内容を教えてください

主に新しい商品の調査から、実際の仕入れまで担当しています。
現在、仕入先はメーカー・商社合わせて30社以上あり、海外の方が多数を占めます。日頃から新しい商品はチェックしていますが、海外の展示会などに出向いて、直接各社とコンタクトを取る事も多いです。各国で展示会は開催されていますので、出展社数等を精査した上で視察する展示会を絞って出向きます。
気になる商品があれば、随時サンプルや商品リストを取り寄せたり、必要に応じて現地の工場を視察したりして品質や生産体制をチェック。信頼を置ける取引先となれば、見積・発注という流れです。
また日常の業務としては、実際に届く商品の欠品確認や品質管理が主となります。発注情報を元に、倉庫での荷受け時に、逐一形状や品質等をチェックします。
加えて、中国にある子会社の管理も担っています。基本は現地社員主体で運営しているのですが、仕事の進捗状況チェックや人員の採用などはこちらで管理おります。

Question02

この仕事のやりがいは?

事業の成長を一緒に体験できる事、その一端を担える事、これは大きいです。
私の入社した頃は、主要事業である自動車部品も今より商品ラインナップが少なく、欧州車のメルセデスベンツやBMWの部品が中心でした。少しずつですが、取扱品目を増やしていき、特に国産車部品を取扱い出してからが成長スピードは上がりましたね。もちろん、その供給元になる取引メーカーや商社、あるいは販売サイトなども地道に拡充してきたことが成長を支えた訳ですが、こうした経営資源ひとつひとつの構築やノウハウの蓄積などに関わって来られた事は誇らしく思えます。
また、外国人である事、異なる言語圏出身である事をアドバンテージとして評価してもらえる環境は、大変有り難いし、やりがいがあります。
元々、日本には商学や貿易、ITの勉強をしに留学したのですが、当時の中国ではまだまだ市場にITが浸透しているとは言えず、例えば個人のPCやスマホ保有率は低いものでした。IT関連の業種を考えると、そうした機会も限定的ですから日本でのキャリアを志向しました。
そんな私にとって、志向する環境での活躍がそのまま事業成長への貢献につながる事は、願ったり適ったりの心境です。

Question03

SOLはどんな会社ですか?

IT関連のベンチャー、しかもこの事業成長のスピードとなると、働き方改革を度外視した日常を思い浮かべるかも知れませんが(笑)、少々どころか相当様子が異なります。
休日の取得や実際の労働時間も健全ですし、あえて言えば、静か。特に体育会系でも文化部系でも無く、程良い距離感で成り立っています。
私にとっては、水が合う。コミュニケーションは理想的です。

Question04

今後の目標は?

担当する現業の事業展開を考えたり、いろいろと仕掛けたり出来たらいいですね。まだまだ伸びますから。
例えば、商品のラインナップを徐々に変えていきたいです。自動車修理部品が主体の商品ラインナップですが、コンスタントに取り換える必要性のあるモノ、つまり購買需要が期待できる消耗品類はある程度限定されます。ドレスアップパーツなどのラインナップも増やしていきたいと思っています。
さらには新しい商品も増やしていきたいですね。自動車部品に限らず、例えば嗜好品など、分野としてもどんどん広げて行きたいです。せっかく国内外の仕入れ・販売ルートという物流基盤を確立していて、さらには海外に子会社もあって輸出入ビジネスのアドバンテージがあるのですから、他の商品に手を広げる事はゼロから参入する他社よりスピーディーに可能なはずです。
少し先走った妄想かも知れませんが(笑)、こうした前向きな提案や企画は会社としても歓迎してくれています。積極的に関わっていけたらいいですね。

Question05

これから入社してくる皆さんに一言

いろいろなバックグラウンドを持つ方々に来てほしいですね。
事業の成長に連れて業務量もやはり増えています。また今後、多様な国との取引時には語学ひとつ取っても、英語圏・中国語圏他、様々な方の力が必要になってきます。
既存ビジネスの成長にも、新規事業の開発にも、そうした方々が活躍できる機会がどんどん生まれてきますから、積極的に我々の仲間として盛り上げていってほしいですね。